ヒツジゴヤ

卑屈を描き切る(幸せの重心41話)

卑屈を描き切る(幸せの重心41話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→40話「跳ね返ってくるイライラ」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

3
「バイシュンフは"ぬすむ"仕事?」(おカネの教室4話)

「バイシュンフは"ぬすむ"仕事?」(おカネの教室4話)

前回のお話→3話「“かせぐ“と“ぬすむ“はどこが違う?」 過去のお話はマガジン「ヒツジゴヤ」で読めます 「バイシュンフ」が世の中の役に立つか?について議論をする、そろばんクラブ。 議論が進むにつれてビャッコは、父の仕事と「バイシュンフ」の意外な共通点に気づくのだった… 次回のおカネの教室社会から「ぬすむ」とは一体どんな行為なのか!?カイシュウは自分の“最低な過去“を振り返りながら、おカネが人間に及ぼす負の側面について語る… 第5話は、6/18日に僕のマガジン「ヒツジゴヤ

31
怒りが教えてくれること(幸せの重心40話)

怒りが教えてくれること(幸せの重心40話)

幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→39話「ちゃんと見てる男」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。 大切な

3