ヒツジゴヤ

福島家の一番長い日(おカネの教室11話)
+8

福島家の一番長い日(おカネの教室11話)

前回のお話→10話「かせぐ者の責務」 1話はこちら 過去のお話はマガジン「ヒツジゴヤ」で読めます。 ついに、最後の宿題「お金を手に入れる6つ目の方法」にたどり着いたそろばん勘定クラブ。 宿題に悩むサッチョウの元に、ビャッコからある手紙が届く… 次回のおカネの教室ビャッコの念願通り、高利貸しとパチンコ屋の事業から手を引くという祖母。 しかし、その理由はビャッコの理想とはほと遠いものであった・・・・ 次回、第12話も、原作者の高井浩章さんのnoteと、僕のマガジン「ヒツジゴ

スキ
15
大人になっても友達はできるのか?(幸せの重心60話)
+3

大人になっても友達はできるのか?(幸せの重心60話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→59話「早い返信」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。 予想外の旅善

スキ
5
恐怖の通知マーク(幸せの重心59話)
+4

恐怖の通知マーク(幸せの重心59話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→58話「今日どうだった?」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。 憶測

スキ
6
感情と生きる(幸せの重心58話)
+3

感情と生きる(幸せの重心58話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→57話「結果オーライ」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。 変えられ

スキ
7
Whyは後から作れ!(幸せの重心57話)
+3

Whyは後から作れ!(幸せの重心57話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→56話「咄嗟のひとこと」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。 why

スキ
9
「かせぐ」者の責務(おカネの教室10話)
+7

「かせぐ」者の責務(おカネの教室10話)

前回のお話→9話「合格率1%の奇跡」 1話はこちら 過去のお話はマガジン「ヒツジゴヤ」で読めます。 ビャッコの家業のである「地主」は果たして世の中を豊かにする職業なのか? ビャッコの長年の家業への不信感の答えとは…!? 次回のおカネの教室ついに、最後の宿題「お金を手に入れる6つ目の方法」にたどり着いたそろばん勘定クラブ。 最後のヒントを手がかりに宿題を解く一方、福島家でも最後の難題がビャッコに立ちはだかる・・・ 次回、第11話も、原作者の高井浩章さんのnoteと、僕のマ

スキ
13
くすんだ幸せ(幸せの重心56話)
+6

くすんだ幸せ(幸せの重心56話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→55話「嫌い」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。 ずっと幸せは無理

スキ
14
好きな人に嫌いと伝える(幸せの重心55話)
+3

好きな人に嫌いと伝える(幸せの重心55話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→54話「コツコツこそ正義」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。 愛と

スキ
3
作品を作るのは僕じゃない(幸せの重心54話)
+4

作品を作るのは僕じゃない(幸せの重心54話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→53話「エブリデイ・イズ...」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

スキ
8
合格率1%の奇跡(おカネの教室9話)
+6

合格率1%の奇跡(おカネの教室9話)

前回のお話→8話「投資は神様のお手伝い?」 1話はこちら 過去のお話はマガジン「ヒツジゴヤ」で読めます。 「人類は人の強欲によって豊かになった」 ビャッコには到底理解し難い言葉を放った高山を父親と重ねるビャッコ… 果たして高山の真意とは… 次回のおカネの教室カイシュウから手渡された謎の数式… ビャッコの家業のである「地主」は果たして世の中を豊かにする職業なのか? ビャッコの長年の家業への不信感とこの数式は何か関係があるようだ… 次回、第9話も、原作者の高井浩章さんのno

スキ
35