マガジンのカバー画像

ヒツジゴヤ

ワタベヒツジがマンガ制作の裏側をお見せしながら、みなさまと楽しむための、遊び小屋的な場所。 連載中の「幸せの重心」「おカネの教室」を公開していきます。 有料部分では、連載マンガ「… もっと読む
モノづくりに関わる人たちにとって、少しでも役に立つ、有意義なものを。 読者やファンになってくださる… もっと詳しく
¥980 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

恐怖の「で」(幸せの重心70話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さん・ワタベヒツジのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→69話「アピール」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

スキ
5

日常と優勝(幸せの重心69話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さん・ワタベヒツジのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→68話「暗い未来」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

スキ
4

頭に酸素を送るな!!(幸せの重心68話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さん・ワタベヒツジのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→67話「占い通い」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

スキ
4

占い怖い(幸せの重心67話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さん・ワタベヒツジのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→66話「アイドル志望」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます

スキ
8

どんなに滑稽に見えても(幸せの重心66話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さん・ワタベヒツジのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→65話「会費の上限」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

スキ
16

ガールズトークの波(幸せの重心65話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さん・ワタベヒツジのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→64話「グループ退室」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます

スキ
8

そう来たか!(幸せの重心64話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さん・ワタベヒツジのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→63話「怒鳴られる立場」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができま

スキ
10

父と娘(おカネの教室12話)

前回のお話→11話「福島家の一番長い日」 1話はこちら 過去のお話はマガジン「ヒツジゴヤ」で読めます。 ビャッコの念願通り、高利貸しとパチンコ屋の事業から手を引くという祖母。 しかし、その理由はビャッコの理想とはほと遠いものであった・・・・ 次回のお金の教室サッチョウは「こどもぎんこう」を発見し、お金を手に入れる最後の方法が何か閃いた様子。 次回、ついにお金を手に入れる最後の方法が明かされ、そろばんクラブ一行は、お金の真実にたどり着くのだった… 次回、第13話も、原作者

スキ
8

親友に顔面パンチ(幸せの重心63話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→62話「切れないシャッター」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。 そ

スキ
8

チェダーチーズ作戦(幸せの重心62話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→61話「雨、ときどき泥」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。 そして

スキ
4