ワタベヒツジ

漫画家。昔話"ウサギとカメ"を再解釈したマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』連載中。

ワタベヒツジ

漫画家。昔話"ウサギとカメ"を再解釈したマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』連載中。

    マガジン

    • ヒツジゴヤ

      ワタベヒツジを応援したい!という人が読むマガジンです。NETFLIXと肩を並べる強気な値段設定の理由は「みんなに応援されながらnoteの収入で生活をして、創作を続けたい」という僕の願望の表れです。今のところはマンガ制作にまつわる話/マンガの先行公開/作品の制作過程/日記などを公開しようと思っています。 現在は連載中の「幸せの重心」を公開しています。

    • 漫画版「おカネの教室」ができるまで

      • 3本

      「宇宙兄弟」「ドラゴン桜2」のコルクとタッグを組んで動き出した「おカネの教室」の漫画化プロジェクト。偶然と必然が生んだ電撃的な漫画化決定のエピソードから、悪戦苦闘のネーム作り、新しいコンテンツ発信のあり方の模索まで、内幕をさらけ出します!果たして本当に連載はスタートできるのか?原作・脚本の高井浩章と漫画家ワタベヒツジの共同マガジンです。

      • ヒツジゴヤ

      • 漫画版「おカネの教室」ができるまで

        • 3本

    最近の記事

    固定された記事

    「42歳漫画家志望のお話」と近況報告

    現在、Twitter・noteに出す用の短編漫画を描いています。42歳の漫画家志望の話です。 今年は以前twitterに出した↓のマンガを連載できるように進めていこうと思っているのですが、 それと並行して短編もテンポ良く描いていけたらと思っています。 マガジンを購読していただいている方に向けても色々とコンテンツを出していきたいと思っています。(こんなnote描いてくれたらマガジン購読しがいがある!みたいなご意見とかあったらよければ、コメントお願いします) そんな感じで

    スキ
    15
      • 卑屈に価値はあったのか?

        このnoteでは「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」が読めます。あとマンガの内容に関係があるような、ないような文章をマンガのお供として書いてます。日々感じていることをなるべくそのまま吐き出すようにしています。 卑屈と共感幸せの重心は今回で最終話。 今後もnoteの更新自体は続けていくのだけど、幸せの重心に関するnoteは今日で最後。ということで、なんとなくこのマンガを描き始めた経緯から振り返ってみる。 元々この「幸せの重心

        スキ
        15
        • 多くを語らない男(幸せの重心99話)

          このnoteでは「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」が読めます。あとマンガの内容に関係があるような、ないような文章をマンガのお供として書いてます。日々感じていることをなるべくそのまま吐き出すようにしています。 自信とは「理解されたい欲がないのは、自信があると言うこと。」 この前ヨシキさんとの会話の中でこんな言葉が出た。たまに頭の中に数週間、数ヶ月、数年間と残り続ける言葉があるのだけど、この言葉は今のところ数週間頭に残り続けて

          スキ
          9
          • 流れを断ち切る(幸せの重心98話)

            このnoteでは「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」が読めます。あとマンガの内容に関係があるような、ないような文章をマンガのお供として書いてます。日々感じていることをなるべくそのまま吐き出すようにしています。 決断の時今の自分を形作るものの中で、自分で決めたことがいくつあるのか。 僕ははじめての習い事は兄の入っている空手道場とサッカークラブに入った。小学校の途中〜中学まではまたもや兄の真似をしてバスケを始めた。そして大学は前

            スキ
            7

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ヒツジゴヤ
            ワタベヒツジ 他
            ¥980 / 月
          • 漫画版「おカネの教室」ができるまで
            高井浩章 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            僕が藝大受験を決めた理由(幸せの重心97話)

            スキ
            10

            山下達郎と左手(幸せの重心96話)

            このnoteでは「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」が読めます。あとマンガの内容に関係があるような、ないような文章をマンガのお供として書いてます。日々感じていることをなるべくそのまま吐き出すようにしています。 隣の芝は青い人の才能が羨ましい。自分のことになるとこれもダメだ、あれもダメだと卑屈になってしまう。自分の生み出したものをどうにも好きになれない。 どうしても他人の才能ばかりが眩しく見えてしまう。これはもう変わらない性質な

            スキ
            9

            諦めたらそこで試合終了(幸せの重心95話)

            このnoteでは「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」が読めます。あとマンガの内容に関係があるような、ないような文章をマンガのお供として書いてます。日々感じていることをなるべくそのまま吐き出すようにしています。 明らめる・諦める「諦める」という言葉は「明らめる」という漢字に由来しているらしい。物事を明らかにしていくことで事情を知って希望を断念しないといけなくなることがあるから「諦める」。らしい。 「諦めたらそこで試合終了だよ」

            スキ
            8

            スルーしてきた優しさ(幸せの重心94話)

            このnoteでは「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」が読めます。あとマンガの内容に関係があるような、ないような文章をマンガのお供として書いてます。日々感じていることをなるべくそのまま吐き出すようにしています。 悩んでる時に気づくことここへきてタナカは仕事を辞めるかどうかをだいぶ悩んでいる。そしてその悩みに気づいた周りのキャラクターたちの反応を描いていて気づいたことがある。 悩んだり落ち込んでいる時は周りの人たちのありがたみに

            スキ
            7

            カッコ悪い悩み(幸せの重心93話)

            このnoteでは「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」が読めます。あとマンガの内容に関係があるような、ないような文章をマンガのお供として書いてます。日々感じていることをなるべくそのまま吐き出すようにしています。 相談最近“相談“をするようになった。 悩みができた時や、モヤモヤしたことがあった時に“相談させてほしい“とお願いする。小さいことで悩んでるな〜と思われたり、迷惑だと思われるのに抵抗があって昔は他人に相談するなんて考えもし

            スキ
            6

            成り行き(幸せの重心92話)

            このnoteでは「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」が読めます。あとマンガの内容に関係があるような、ないような文章をマンガのお供として書いてます。日々感じていることをなるべくそのまま吐き出すようにしています。 最終話に向けて突然なのですが、2年ほど幸せの重心をこのnoteとTwitterで連載してきたのだけど、100話を最終話として幸せの重心を連載終了することにしました! ネガティブな理由とかではなく、一度リセットして新しい

            スキ
            12

            MA理論(幸せの重心91話)

            このnoteでは「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」が読めます。あとマンガの内容に関係があるような、ないような文章をマンガのお供として書いてます。日々感じていることをなるべくそのまま吐き出すようにしています。 間違い・間抜け大学の頃、教授が「MA理論」というものを提唱していた。内容は理解もできなかったし覚えていないのだが「間(ま)」についての理論だった。“ま“を“MA“に変えただけのネーミングが印象的で名前だけ覚えていた。

            スキ
            7

            呼吸を支えてくれてるヤツ(幸せの重心90話)

            このnoteでは「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」が読めます。あとマンガの内容に関係があるような、ないような文章をマンガのお供として書いてます。日々感じていることをなるべくそのまま吐き出すようにしています。 ありがとう、ありがとう、ありがとう前回は不安の話を書いた。今回は安心について。 不安というのは自覚しやすい。先の不安は悩みに直結するから結構気付きやすい感情だと思う。 それに引き換え“安心“の感情はなかなか自覚しづらい

            スキ
            8

            不安の処方箋(幸せの重心89話)

            このnoteでは「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」が読めます。あとマンガの内容に関係があるような、ないような文章をマンガのお供として書いてます。日々感じていることをなるべくそのまま吐き出すようにしています。 怒られるまで怒られない最近自分の不安の感情について考えてる。 僕は何事においてもリスクを強く想像する。何か行動を起こす前にその行動がもたらすリスクをかなり考える。 日々将来の不安や、身近な人の健康について不安になったりも

            スキ
            7

            足りない現実(幸せの重心88話)

            このnoteでは「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」が読めます。あとマンガの内容に関係があるような、ないような文章をマンガのお供として書いてます。日々感じていることをなるべくそのまま吐き出すようにしています。 頭の中のお坊さん「足るを知る」という言葉がある。 ネットで意味を調べると「身分相応に満足することを知る。足る事を知る。」などと描いてある。 僕はかなり足るを知らない男だと自分で思っている。別に自分を卑下したいわけでは無

            スキ
            6

            既読スルーしちゃうんだよね(幸せの重心87話)

            このnoteでは「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」が読めます。あとマンガの内容に関係があるような、ないような文章をマンガのお供として書いてます。日々感じていることをなるべくそのまま吐き出すようにしています。 言葉以外のコミュニケーション僕はラインとかチャットとかでよく“既読スルー“をしてしまう。相手の送ってきたメッセージを読んでいない訳ではないのだけど、なんか返信する気が起きない。 だけどリアルで人と会話するのは大好きだ。

            スキ
            7

            飲み会にいたら厄介なタイプ(幸せの重心86話)

            このnoteでは「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」が読めます。あとマンガの内容に関係があるような、ないような文章をマンガのお供として書いてます。日々感じていることをなるべくそのまま吐き出すようにしています。 分かち合いたい美味しいもの食べた時とか、おもしろい動画を見つけた時とか、感動した時は人に共有したくなる。 食べ物の写真なんかも食べる前に写真を撮っておく。美味しかったときに共有できるように。もっと言うと、「美味しい!」

            スキ
            8