ワタベヒツジ
幸せの重心6話
見出し画像

幸せの重心6話

ワタベヒツジ

時代に参加したいのか、歴史に参加したいのか

「幸せの重心」を描くにあたって、定期的に、石川善樹さんに普段考えてることをメッセンジャーで送っていただいている。
ある日、こんな文章が届いた…

自分は、時代に参加したいのか、歴史に参加したいのか。どちらの意識で生きるかでかなり違うなと。
時代に参加したい人は、いま、キラキラしてる人がきになる。
歴史に参加したい人は、バトンをつないでいくことが気になるので、昔の人がきになる。
僕はちょっと前までは時代がきになってたけど、いまは歴史が気になる。

僕は、最初この文章を受け取った時、少し理解が追いつかなかった。
やっぱり現代を生きるからには、成功したいし、キラキラしてる人もきになるし…(笑)
どういう理由で、歴史に参加したいと思うんだろう…?

そして、僕はちょうどこの文章が送られてきた直後、ツイッターでマンガがバズり、まさに時代に参加した感じになりました(笑)

このツイート伸び続けている時、正直、ドキドキして他のことに集中できなかった。10分ごとに通知をチェックし、増えていくいいね数を眺めて1日が過ぎました(笑)
なんだか気持ちも大きくなり、「あれ・・?俺すごいんじゃね・・・?」とかも思い始める始末…(笑)
まさに一喜一憂の「一喜状態」

そんな、時代に参加してる感満載の1日を過ごしてから善樹さんの言葉を思い出しし、考えて直しているうちに、あることに気づき、善樹さんの言葉の意味が少し府に落ちたのでした…

今週の「幸せの重心」

マンガがツイッターでバズったことで頭がいっぱいのカメのタナカ。バズが気になって眠れなかったのか、目が充血している(笑)

画像3

ヨシキウサギは、いいね数に釘付けになるタナカを横目に、奥之院に並ぶお墓を眺め歴史上の人物たちに想いを馳せる、そして時代に参加するタナカにある言葉をかけるのだった…

この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
毎週1本、できれば2本記事(目標)を公開していこうと思います。記事の内容は色々と変わっていくと思いますが、日々マンガを描いてい感じる率直なことをなるべくそのまま吐き出すようにしています。作品はもちろん、作品の外側(創作の過程など)を公開して、マンガをより深く楽しんでいただける場にしていければと思っています。

ヒツジゴヤ

980円/月 初月無料

ワタベヒツジを応援したい!という人が読むマガジンです。NETFLIXと肩を並べる強気な値段設定の理由は「みんなに応援されながらnoteの収…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
え..イイの...??
ワタベヒツジ
漫画家。昔話"ウサギとカメ"を再解釈したマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』連載中。