見出し画像

幸せの重心4話

人生で一番身につけるべきもの

石川善樹さんは「どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみた」という、吉田尚記さんとの、対談本の中でこんなことをおっしゃています。

画像1

そして、人生で一番身につけるべきものは、感情のコントロールだともおっしゃています。

善樹さんの感情のコントロールの仕方は視点がとても面白い。

例えば、真夏の炎天下って暑いですよね。あまりにも暑いと人って「暑い」って感情に脳がハイジャックされてしまう。そんな時善樹さんは、自分の感情を俯瞰して眺めるそうです。「自分は今暑いと感じてるなぁ」と。そして気持ちに余裕が生まれてきたら、周りを見渡す。
そして、夏なのに階段を駆け上がって楽しそうにしてる子供を見つけて、それを真似してみる。

こんなふうにして、善樹さんは感情のコントロール方法を学んでいくそうです。

画像2

暑いと感じたら、とにかく涼しい場所を探そう…となりそうなところを、いったん立ち止まって感情を俯瞰する。
喜び、怒り、悲しみ…どんな感情でも、その感情に支配されて行動をしてしまうと確かにあんまりいいことってないかも。

感情が湧き上がることは肯定しつつ
、その感情を表に出すか、行動と直結させるか…いったん俯瞰してみると見えなったものが見えてくるかもしれない…

今週の「幸せの重心」

今回のマンガは、善樹さん自身が実際に息子さんに実践されている、感情のコントロール方法についてのマンガ。
大人でも難しいネガティブ感情のコントロールを善樹さんはすごく斬新な方法で伝えているんです!

画像5

仕事のミスで落ち込んでいたカメのタナカ。隣には、ヨシキウサギの息子の子ウサくんが大泣きしている。そしてさらにその隣にいるヨシキウサギも何故か大泣きしている。息子と一緒に大泣きするヨシキウサギの狙いとは…?

この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
モノづくりに関わる人たちにとって、少しでも役に立つ、有意義なものを。 読者やファンになってくださる方たちにとって、息抜きになるような遊び場を提供します。 みなさまにとって、フラっと立ち寄れて息抜きができるカフェ・BARくらいの立ち位置になれたら嬉しいです。

ヒツジゴヤ

月額980円

ワタベヒツジがマンガ制作の裏側をお見せしながら、みなさまと楽しむための、遊び小屋的な場所。 連載中の「カメとウサギ」、連載予定の「おカネの…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
漫画家。コルクインディーズ/ラッキーズ所属。石川善樹さんについてのマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』マンガ版連載準備中。

こちらでもピックアップされています

ヒツジゴヤ
ヒツジゴヤ
  • ¥980 / 月
  • 初月無料

ワタベヒツジがマンガ制作の裏側をお見せしながら、みなさまと楽しむための、遊び小屋的な場所。 連載中の「カメとウサギ」、連載予定の「おカネの教室」ができるまでの制作過程を公開していきます。 有料部分では、石川善樹さんのことをマンガ化した連載マンガ「カメとウサギ」を先読みできます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。