見出し画像

「幸せの重心」2話

2種類の後悔

今週の"幸せの重心"は「2種類の後悔」について。

人間生きていれば、後悔することってありますよね。大きな後悔から、ちょっとした小さな後悔まで、後悔ってさまざまだと思います。

正直、僕はほぼ毎日後悔してる気がします(笑)。毎晩眠る前に、あの時ああしてれば…とか、あれはやらなきゃよかった…とか考えてる。
そしてさらには、後悔してる自分に対して「後悔ばっかりしてなにしてんだ...」とさらにネガティブになっていく始末...(笑)

そんな、「後悔」についての石川善樹さんの考察がすごくおもしろいし、僕は救いになりました。
石川善樹さんはご自身の著書「FULL LIFE」の中で、後悔を2つに分類しています。

「やってしまった後悔」「やらなかった後悔」

そして、さらに、後悔が生まれる構造にも、2種類あると言います。それがこちら

画像1

「選択のジレンマ」はAかBのどちらかを選ぶ。つまり、どちらかの選択肢を捨てることになるという後悔。
そのジレンマを乗り越えるには、AandB、両方を選ぶしかない。しかし両方を選ぶと新たなジレンマが生まれます...
「総取りのジレンマ」はAもBもCも…と心のままに色々やっていき、結局「どれも中途半端」だったな…と思い、発生する後悔。

つまり、ヨシキさんは後悔というのは絶対に発生する、後悔のない人生なんてないと言います。

後悔するのって辛いし、後悔しないようにとしていた僕からすると、「え?そんな…!」という感じ…
でもヨシキさんは、「後悔すること」自体に後悔していた僕とは、全然違う視点で「後悔」を見ていたのです…

今週の幸せの重心

画像4

会社のプレゼンを優先して、カメ美ちゃんとデートに行かなかった、つまり「選択のジレンマ」に悩むカメのタナカ。ヨシキウサギは、そんなタナカにどんな言葉をかけるのでしょう…


この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
モノづくりに関わる人たちにとって、少しでも役に立つ、有意義なものを。 読者やファンになってくださる方たちにとって、息抜きになるような遊び場を提供します。 みなさまにとって、フラっと立ち寄れて息抜きができるカフェ・BARくらいの立ち位置になれたら嬉しいです。

ヒツジゴヤ

月額980円

ワタベヒツジがマンガ制作の裏側をお見せしながら、みなさまと楽しむための、遊び小屋的な場所。 連載中の「カメとウサギ」、連載予定の「おカネの…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
漫画家。コルクインディーズ/ラッキーズ所属。石川善樹さんについてのマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』マンガ版連載準備中。

こちらでもピックアップされています

ヒツジゴヤ
ヒツジゴヤ
  • ¥980 / 月
  • 初月無料

ワタベヒツジがマンガ制作の裏側をお見せしながら、みなさまと楽しむための、遊び小屋的な場所。 連載中の「カメとウサギ」、連載予定の「おカネの教室」ができるまでの制作過程を公開していきます。 有料部分では、石川善樹さんのことをマンガ化した連載マンガ「カメとウサギ」を先読みできます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。