ワタベヒツジ
「幸せの重心」2話
見出し画像

「幸せの重心」2話

ワタベヒツジ

2種類の後悔

今週の"幸せの重心"は「2種類の後悔」について。

人間生きていれば、後悔することってありますよね。大きな後悔から、ちょっとした小さな後悔まで、後悔ってさまざまだと思います。

正直、僕はほぼ毎日後悔してる気がします(笑)。毎晩眠る前に、あの時ああしてれば…とか、あれはやらなきゃよかった…とか考えてる。
そしてさらには、後悔してる自分に対して「後悔ばっかりしてなにしてんだ...」とさらにネガティブになっていく始末...(笑)

そんな、「後悔」についての石川善樹さんの考察がすごくおもしろいし、僕は救いになりました。
石川善樹さんはご自身の著書「FULL LIFE」の中で、後悔を2つに分類しています。

「やってしまった後悔」「やらなかった後悔」

そして、さらに、後悔が生まれる構造にも、2種類あると言います。それがこちら

画像1

「選択のジレンマ」はAかBのどちらかを選ぶ。つまり、どちらかの選択肢を捨てることになるという後悔。
そのジレンマを乗り越えるには、AandB、両方を選ぶしかない。しかし両方を選ぶと新たなジレンマが生まれます...
「総取りのジレンマ」はAもBもCも…と心のままに色々やっていき、結局「どれも中途半端」だったな…と思い、発生する後悔。

つまり、ヨシキさんは後悔というのは絶対に発生する、後悔のない人生なんてないと言います。

後悔するのって辛いし、後悔しないようにとしていた僕からすると、「え?そんな…!」という感じ…
でもヨシキさんは、「後悔すること」自体に後悔していた僕とは、全然違う視点で「後悔」を見ていたのです…

今週の幸せの重心

画像4

会社のプレゼンを優先して、カメ美ちゃんとデートに行かなかった、つまり「選択のジレンマ」に悩むカメのタナカ。ヨシキウサギは、そんなタナカにどんな言葉をかけるのでしょう…


この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
毎週1本、できれば2本記事(目標)を公開していこうと思います。記事の内容は色々と変わっていくと思いますが、日々マンガを描いてい感じる率直なことをなるべくそのまま吐き出すようにしています。作品はもちろん、作品の外側(創作の過程など)を公開して、マンガをより深く楽しんでいただける場にしていければと思っています。

ヒツジゴヤ

980円/月 初月無料

ワタベヒツジを応援したい!という人が読むマガジンです。NETFLIXと肩を並べる強気な値段設定の理由は「みんなに応援されながらnoteの収…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ナイスです
ワタベヒツジ
漫画家。昔話"ウサギとカメ"を再解釈したマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』連載中。