ヒツジゴヤ

シンプルなことを複雑に(幸せの重心48話)

シンプルなことを複雑に(幸せの重心48話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→47話「宇宙から見たサラリーマン」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

スキ
4
ジェフベソスは宇宙から何を見たのか(幸せの重心47話)

ジェフベソスは宇宙から何を見たのか(幸せの重心47話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→46話「ワーケーションとバケーション」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができま

スキ
4
貸すも親切、貸さぬも親切(おカネの教室7話)

貸すも親切、貸さぬも親切(おカネの教室7話)

前回のお話→6話「100万円を借りろ!大作戦」 1話はこちら 過去のお話はマガジン「ヒツジゴヤ」で読めます カイシュウから100万円を借りない!そう決意したビャッコとサッチョウ。借金について身をもって学んだそろばんクラブの2人はついに「ぬすむ」の本質へと迫るのだった。 次回のおカネの教室次回は、「神様のお手伝いをする所」に社会科見学! 地主である福島家に生まれ、長年、お金持ちであることにうしろめたさを感じていたビャッコ。その悩みの解決のヒントが“神様“の存在のようだ…

スキ
24
ワーケーション?バケーション(幸せの重心46話)

ワーケーション?バケーション(幸せの重心46話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→45話「旅行はプラン通りが1番?」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

スキ
8
「これでいい」という生き方(幸せの重心45話)

「これでいい」という生き方(幸せの重心45話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→44話「言い訳のススメ」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。 これで

スキ
5
100万円を借りろ!大作戦(おカネの教室6話)

100万円を借りろ!大作戦(おカネの教室6話)

前回のお話→5話「社会のダニだった男」 1話はこちら 過去のお話はマガジン「ヒツジゴヤ」で読めます 「カイシュウから500円を借りる」。 そんな宿題を出されたビャッコとサッチョウは、それぞれのやり方でカイシュウからお金を借りようとする。 しかし、この宿題は更なる難問への布石でしかなかった… 次回のおカネの教室果たして2人はどんな理由で“100万円を借りない“という決断をしたのか!? 次回、借金について身をもって学んだそろばんクラブの2人はついに「ぬすむ」の本質へと迫るのだ

スキ
30