見出し画像

ワーケーション?バケーション(幸せの重心46話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中)
このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。

過去のnoteについて
この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」
前回のお話はこちら→45話「旅行はプラン通りが1番?」
*過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

混在する空間

最近ワーケーションという言葉をよく聞く。ワーク(work)+バケーション(vacation)で、ワーケーション(woikation)。

よく考えるとすごい造語じゃない?仕事と休暇って一般的には逆の意味で使われているように思うし。
仕事と休暇を同じ単語に詰め込んじゃおうというのがすごい。休みながら仕事するってどういうこと…?

僕はワーケーションをしたことがないのでなんとも言えないのだけど、なんか楽しそうな反面、切り替えがうまくいかなくて、どっちも中途半端になったりしないのかな…?

近い経験で言うと、コロナで自宅で仕事をするようになってからは、くつろいだり寝たりする空間で打ち合わせをしたり、マンガを描いている。
移動時間がない分マンガを描く時間が増やせたり、自分が気に入った家具や植物に囲まれて仕事ができたり、いいことも多い。
しかし、ベッドが横に置いてあったりするので、ちょっと疲れたりした瞬間に油断してベッドに横たわったら、1〜2時間眠から帰ってこれず焦ってまた仕事を始める、なんてことも起きる。

↓の動画でヨシキさんが、コロナによって、生活の空間と仕事の空間、つまり「public」と「private」が家という空間の中で混在するようになったという話をしている。

本来は、出勤などの移動時間でゆっくりと切り替えができていたものを、仕事と生活の空間が混在するようになった今はそこを意図的に切り替えていく必要があるみたい。(詳しくは動画内で!)

話を戻すと、それで言うとワーケーションなんて混在中の混在なのではなかろうか。のほほんとしたバケーションと、目的を持ってテキパキ動く仕事の混在。

きっと思わぬいいことと、思わぬ難しさがあるのだろうけど、思い切って一見相反するような言葉をくっつけることで、「ワーケーション」のような新しい働き方がや考え方が発明されるのはすごくおもしろいね。

今週の幸せの重心

「ワーケーションとバケーション」

画像3

ワーケーションを対照的に過ごすタナカとヨシキの間で「ワーケーションとは!?」についての論争が始まる…

この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
モノづくりに関わる人たちにとって、少しでも役に立つ、有意義なものを。 読者やファンになってくださる方たちにとって、息抜きになるような遊び場を提供します。 みなさまにとって、フラっと立ち寄れて息抜きができるカフェ・BARくらいの立ち位置になれたら嬉しいです。

ヒツジゴヤ

月額980円

ワタベヒツジがマンガ制作の裏側をお見せしながら、みなさまと楽しむための、遊び小屋的な場所。 連載中の「カメとウサギ」、連載予定の「おカネの…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ナイスです
漫画家。コルクインディーズ/ラッキーズ所属。石川善樹さんについてのマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』マンガ版連載準備中。