シンプルなことを複雑に(幸せの重心48話)
見出し画像

シンプルなことを複雑に(幸せの重心48話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中)
このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。

過去のnoteについて
この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」
前回のお話はこちら→47話「宇宙から見たサラリーマン」
*過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

深読みしすぎる男

「卑屈」に加えてタナカの新しい特性を発見した。

「シンプルなことを、わざわざ深読みして複雑にする」のだ。

本当に深読みするべきタイミングはあるのだろうけど、タナカはどうでもいい時に壮大な問いを繰り出し、勝手に混乱するのだ。
国語の読解問題を解いている時に、謎に文章を深追いしてドツボにハマるみたいな感じ。しかも、深く考えている自分が優れており、問題自体が悪い!とか怒るタイプ…

一方ヨシキウサギは物事をシンプルに考える。目の前の出来事を、素直に受け取り、その時その時を楽しむ。焚き火の揺めきがキレイだったら夢中で観察するし、物事をありのまま受け取る。

タナカにとって、ヨシキウサギの素直さ、物事の捉え方があまりにも自分と違うので、ヨシキウサギの考え方が信じられず、斜に構える。というかあらゆることを考えすぎるし、大体のことに斜に構えている。
結果タナカはネガティブ感情が多い。

幸せの重心は「物事をシンプルに捉え、楽しむヨシキウサギ」「物事を複雑に捉えて、卑屈になるタナカカメ」のコントラストを描く話なのかもしれない。
ヨシキウサギは誰から見ても結構幸せに生きてそうだ。だがタナカはなんだか悩みが多く、一見不幸そう。
だが、幸せの重心は「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というテーマを掲げている。だとすればタナカみたいな奴にも、きっと幸せは訪れるはず…

今週の幸せの重心

「今日の発見はなんですか?」

画像3

ヨシキウサギを煽りに煽るタナカ。
しかし今日のヨシキウサギの発見は思わぬところにあったようだ…

この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
モノづくりに関わる人たちにとって、少しでも役に立つ、有意義なものを。 読者やファンになってくださる方たちにとって、息抜きになるような遊び場を提供します。 みなさまにとって、フラっと立ち寄れて息抜きができるカフェ・BARくらいの立ち位置になれたら嬉しいです。

ヒツジゴヤ

月額980円

ワタベヒツジがマンガ制作の裏側をお見せしながら、みなさまと楽しむための、遊び小屋的な場所。 連載中の「幸せの重心」「おカネの教室」を公開し…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ナイスです
漫画家。コルクインディーズ/ラッキーズ所属。石川善樹さんについてのマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』マンガ版連載準備中。