見出し画像

卑屈を描き切る(幸せの重心41話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中)
このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。

過去のnoteについて
この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」
前回のお話はこちら→40話「跳ね返ってくるイライラ」
*過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

喜怒哀楽の調和への道

「卑屈を描き切る」

今、幸せの重心で挑んでいるお題だ。このお題は、漫画家仲間である羽賀翔一さんからもらった。

ちょっと前までは、善樹さんに言われたことや、記事で見つけた「幸せとは?」に繋がりそうなひとネタを伝えるような意識で描いていたのだが、今はとにかくタナカのらしさ(卑屈さ)を描き切ることを意識している。

意識しているのだが、一点、ちょっとモヤモヤすることがある。
幸せの重心は、0話で提示した「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というテーマでやっているのでは…?それと「卑屈を描き切る」ことがどう繋がってくるのか…?

羽賀さんに「卑屈を描き切る」というお題をもらった時は、テーマとのつなげかたがよく分からず、「とりあえず卑屈を描き切るか!」くらいの気持ちでやっていたのだが、最近ようやくそのつながりが見えてきた!(これも羽賀さんに聞いたのだが…笑)

「タナカのらしさ」そして、「タナカとヨシキや周りのキャラとの関係性」をしっかりと毎話描き切っていくことで、作品のテーマがあぶり出されていく。

マンガはやはり、作者が言いたいテーマのためにキャラクターにセリフを言わせていくものではなく、キャラクターのらしさを描いていく中で自然とテーマが深掘りされていくものなのだ!!

タナカは、いつも卑屈な行動をとる。それに対して、ヨシキはいつも何か発見をして興奮をしている。
そんなヨシキが隣にいるとタナカは、より自分のネガティブさに嫌気がさしてきたりもする。だが、ヨシキはタナカのネガティブささえも、悪いことではなく、面白いこと、強みとして捉えていたりする。

そんなキャラ同士の物事の捉え方の違いが、すれ違いを生み、キャラに気づきを生んだりもする。そして結果的に、タナカの幸せの重心がちょっとずつ動き出すのかもしれない。

…ということで今週も、タナカの卑屈でネガティブなドタバタをお楽しみください…!!!

今週の幸せの重心

「思わぬ向上心」

画像3

カバ田部長に呼び出しをくらったタナカは怒られないように、先回り作戦を実行するのだが、事態は思わぬ方向へ…

この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
モノづくりに関わる人たちにとって、少しでも役に立つ、有意義なものを。 読者やファンになってくださる方たちにとって、息抜きになるような遊び場を提供します。 みなさまにとって、フラっと立ち寄れて息抜きができるカフェ・BARくらいの立ち位置になれたら嬉しいです。

ヒツジゴヤ

月額980円

ワタベヒツジがマンガ制作の裏側をお見せしながら、みなさまと楽しむための、遊び小屋的な場所。 連載中の「カメとウサギ」、連載予定の「おカネの…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ナイスです
漫画家。コルクインディーズ/ラッキーズ所属。石川善樹さんについてのマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』マンガ版連載準備中。