ガールズトークの波(幸せの重心65話)
見出し画像

ガールズトークの波(幸せの重心65話)

ワタベヒツジ

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんワタベヒツジのtwitterアカウントで連載中)
このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。

過去のnoteについて
この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」
前回のお話はこちら→64話「グループ退室」
*過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

そして!!!!↓こちら、電子書籍出ました!!🎉㊗️🎉
まとめて読むとまた読み味変わるので、ぜひ!!!

移り変わる話題

自分とは違うタイプの人と会話をすると発見が多い。

僕は比較的、話を積み上げていくタイプというか、一つの筋に沿って話をしていこうとするタイプだ。
それに対して、その場で瞬発的に思ったことに、どんどん話題が移り変わっていくタイプの会話をする人もいる。
一括りにできるものではないのだけど、いわゆる"女子トーク"というのは目まぐるしいスピードで話題が移り変わっていく。もちろんそうじゃない女子トークもあるのだけど。

女子トークにちょこんと男1人で居合わせた時は、流動的な話題の移り変わりを阻害しないように努める。
その時は、自由な話題の波に身を委ねるように、巻き込まれていこうとする。うまく流れに乗れた時は、思いもよらない盛り上がりを見せるので楽しいのだ。

例えば、「鬼滅の刃」ついての会話が起こったとして、「炭治郎が〜」とか「マンガとアニメどっち派?〜」とか鬼滅の刃について深掘っていくかと思えば、1分後には「○○の今日の服可愛くない?」みたいな話題になってたりする。

波に身を委ねているオレは、もちろん、「あれ?炭治郎は?」とか野暮なことは言わない。過ぎ去った過去は手放すのだ。どんなにその話を深ぼりたかったとしても、固執してはならない。
その服について質問をする。ただ、その話題に頭を切り替えた頃には「この前行ったカフェの話」に変わってるんだけどね...

今週の幸せの重心

画像1

会費の上限は2500円だと断言するオク田だったが、さらに質問が重ねられていく…

この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
毎週1本、できれば2本記事(目標)を公開していこうと思います。記事の内容は色々と変わっていくと思いますが、日々マンガを描いてい感じる率直なことをなるべくそのまま吐き出すようにしています。作品はもちろん、作品の外側(創作の過程など)を公開して、マンガをより深く楽しんでいただける場にしていければと思っています。

ヒツジゴヤ

980円/月 初月無料

ワタベヒツジがマンガ制作にまつわる話/マンガの先行公開/作品の制作過程/日記などを公開する場所。 現在は連載中の「幸せの重心」を公開してい…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ナイスです
ワタベヒツジ
漫画家。昔話"ウサギとカメ"を再解釈したマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』連載中。