そう来たか!(幸せの重心64話)
見出し画像

そう来たか!(幸せの重心64話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんワタベヒツジのtwitterアカウントで連載中)
このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。

過去のnoteについて
この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」
前回のお話はこちら→63話「怒鳴られる立場」
*過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

そして!!!!↓こちら、電子書籍出ました!!🎉㊗️🎉
まとめて読むとまた読み味変わるので、ぜひ!!!

なんとかなる!と言う自信

最近、「そう来たか!」というワードにハマっている。

このワードは僕の中で、ヨシキウサギが言いそうなワードランキング上位の言葉でもある。
この言葉には、予想外の出来事を受け入れ、楽しもうとするニュアンスが含まれてるのがいい。人生は大体予想外の出来事の連続なので。

会議は自分の思い通りに進んだことなんてないし、いきなり頑固なオヤジに通りすがりにぶつかられたりするし、デートの日の髪のセットは大体うまく行かない。

「そう来たか!」精神で生きている人は、どんなことにも物怖じしない。
善樹さんは、プレゼンや、インタビュー、コンサルをする時にあまり準備をして行かない。

「みんなで集まればなんとかなる」

と思ってるらしい。
その場で他人の言動に対して「そう来たか!」と柔軟に対応していけば、なんとかなる!と言う自信があるんだろう…

「そう来たか!」精神は、行動の一歩目にもすごく影響する。

中学生の時に初めて彼女ができたことがあった。その彼女とは手も繋がずに、一度もデートをすることなく、自然消滅してしまった。

せっかく付き合えたのに、僕からメールをしたり、話しかける勇気が出ずに、何もアクションできなかったのだ。アドレスも知ってたのに!!
自分からアクションを起こして、相手に嫌われたりするのが怖すぎて何もできなかったのだ。
ただただ「メールしようかなぁ…どうしようかなぁ…」とか言って男友達に相談し続けて3ヶ月くらい過ごした(笑)

相手がどんなリアクションをしてこようが「そう来たか!」精神で乗り越えられる自信さえあれば、相手にアプローチして、中学生にして彼女と一緒に帰ったりできたかもしれないのに…ちくしょう…

今週の幸せの重心

画像3

離島旅行を経て仲良くなったと思った、オク田が突如グループを退室した理由とは…

この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
モノづくりに関わる人たちにとって、少しでも役に立つ、有意義なものを。 読者やファンになってくださる方たちにとって、息抜きになるような遊び場を提供します。 みなさまにとって、フラっと立ち寄れて息抜きができるカフェ・BARくらいの立ち位置になれたら嬉しいです。

ヒツジゴヤ

月額980円

ワタベヒツジがマンガ制作の裏側をお見せしながら、みなさまと楽しむための、遊び小屋的な場所。 連載中の「幸せの重心」「おカネの教室」を公開し…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ナイスです
漫画家。コルクインディーズ/ラッキーズ所属。石川善樹さんについてのマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』マンガ版連載準備中。