親友に顔面パンチ(幸せの重心63話)
見出し画像

親友に顔面パンチ(幸せの重心63話)

ワタベヒツジ

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中)
このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。

過去のnoteについて
この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」
前回のお話はこちら→62話「切れないシャッター」
*過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

そして!!!!↓こちら、電子書籍出ました!!🎉㊗️🎉
まとめて読むとまた読み味変わるので、ぜひ!!!

唯一殴った相手

中学生の時に、親友の顔面を殴ったことがあった。人生で唯一殴ったことのある人が、その親友だった。
人の顔を殴ったのは初めてだったのだが、殴った瞬間、「やってしまった…」と思いつつ「こいつなら許してくれるか…」と言う謎の甘えもあったのを覚えている(笑)

当時はただただムカついた!!!という怒りの感情が抑えられずに、殴ったのだと思っていたのだが、今思い返すと、ちょっと違う感情が見えてきた。

その親友と僕は、お互いにじゃれ合いで、相手の嫌なことをし合ったり、イジり合う関係性だった。ある日僕がイジられるターンだった時に、そのイジりが異常に長かったことがあった。
耐えられなくなった僕は、無言で、その親友の胸ぐらを掴み「おい、ふざけんなよ…」と壁に押し付け、急な怒りに驚いている親友を廊下に引き摺り出した。

今思うと、僕は怒っているようで、実はすごく不安だったんだと思う。このままこのイジリが続いて、オレだけいじれら続けたらどうしよう…?と。
しかしそんな不安を晒したら、弱いやつだと思われる!!!と思い怒ったのだと思う。

廊下に引き摺り出された親友は「何だよ!?」とポカンとするばかり。その親友に対して僕は「何ポカンとしてんだ!!なんでオレの気持ちを分かってくれないんだ!!!」と言わんばかりに、右フックを繰り出した(笑)

理不尽すぎる。親友から見るといつものようにじゃれあいで、イジっていたら急にキレ出したヤバい奴である。まさか不安を感じていたなんて思ってもいなかったと思う。

ちなみに、その親友は僕を許してくれて、いまだに仲が良い。ありがとう…(笑)

今週の幸せの重心

画像3

焚き火を囲みながら、獅子村はこの旅で、ある思いを秘めていたことを語り始める…

この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
毎週1本、できれば2本記事(目標)を公開していこうと思います。記事の内容は色々と変わっていくと思いますが、日々マンガを描いてい感じる率直なことをなるべくそのまま吐き出すようにしています。作品はもちろん、作品の外側(創作の過程など)を公開して、マンガをより深く楽しんでいただける場にしていければと思っています。

ヒツジゴヤ

980円/月 初月無料

ワタベヒツジがマンガ制作にまつわる話/マンガの先行公開/作品の制作過程/日記などを公開する場所。 現在は連載中の「幸せの重心」を公開してい…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
え..イイの...??
ワタベヒツジ
漫画家。昔話"ウサギとカメ"を再解釈したマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』連載中。