チェダーチーズ作戦(幸せの重心62話)
見出し画像

チェダーチーズ作戦(幸せの重心62話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中)
このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。

過去のnoteについて
この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」
前回のお話はこちら→61話「雨、ときどき泥」
*過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

そして!!!!↓こちら、電子書籍出ました!!🎉㊗️🎉
まとめて読むとまた読み味変わるので、ぜひ!!!

いい写真を撮りたい

先日家族で集まった時に兄と、「どうしたら良い写真の写り方ができるか」について話した。

兄は写真を撮られる時の表情作りが苦手らしい。どうしても笑うとぎこちなくなくなるらしい。確かにどの家族写真を見ても、仏頂面に見えたり、苦笑いっぽくなってたり、シュールで不自然な顔をしている。
それに比べて兄からすると、僕は写真写りが良いようだ。どんな意識で写真を撮られているのかをすごい聞かれた(笑)

何か有用なアドバイスをしたくて、「俺は、その写真を見る人に微笑みかけるように顔を作っているんだ」とその場で無理矢理作った謎の理論を展開してみたりしたが、そんなことは意識してない。
むしろ、その話をしてしまったもんだから、その後に撮った家族写真の表情が、自分までぎこちなくなった気がする。

そこからさらに連想したのが、前に付き合っていた相手との写真だ。いつも一緒に写真を撮ると、相手の顔がとてもぎこちない感じがして、いつもなんか微妙な気持ちになっていたのを思い出した。
自分が相手のぎこちない表情を引き出しているのか…?リラックスしてもらえていないのか…?と1人モヤモヤしていた。

そして色々考えて行くうちに思い出したのが、兄が子どもの頃に発明した

「はい、チェダーチーズ!」

というかけ声。
普通は「はい、チーズ!」なところ、チーズの種類を変えちゃうのだ。すると撮られる側はあまりのくだらなさに、フッと頬が緩む。その瞬間にシャッターを切る。これは結構上手く行ってた気がする。子供がやるから、かわいくてみんな和むし。
写真を向けられてちょっと構えているところに、ユーモアで自然な笑顔が引き出される。そんな和やかな空気と、みんなの素の表情ごと写真に残せるので、チェダーチーズはおすすめである。
大人になっても意外とスベリ芸的に使えたりもするから、今でもたまに使っている。オススメだよ!

今週の幸せの重心

画像3

旅の思い出を残そうと意気込む獅子村。乗り気じゃないタナカ。
…旅の思い出として、良い写真を残すことができるのか!!

この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
モノづくりに関わる人たちにとって、少しでも役に立つ、有意義なものを。 読者やファンになってくださる方たちにとって、息抜きになるような遊び場を提供します。 みなさまにとって、フラっと立ち寄れて息抜きができるカフェ・BARくらいの立ち位置になれたら嬉しいです。

ヒツジゴヤ

月額980円

ワタベヒツジがマンガ制作の裏側をお見せしながら、みなさまと楽しむための、遊び小屋的な場所。 連載中の「幸せの重心」「おカネの教室」を公開し…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ナイスです
漫画家。コルクインディーズ/ラッキーズ所属。石川善樹さんについてのマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』マンガ版連載準備中。