出汁から作る喜怒哀楽カレー(幸せの重心61話)
見出し画像

出汁から作る喜怒哀楽カレー(幸せの重心61話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中)
このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。

過去のnoteについて
この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」
前回のお話はこちら→59話「違和感のある旅行」
*過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

カレーに振り回された日

つい先日、これぞ幸せとは喜怒哀楽の調和だ!!と思った出来事があった。

僕は毎週日曜日を定休日にして、その日はゆっくりと休息をとっている。最近は、料理にハマっているのでお昼ご飯に料理をしたりしてる。休日の昼間に料理をすることが、なんとも気分がいいのだ。

その日はちょっと珍しい、出汁から作るカレーというのにチャレンジしてみた。
出汁から作るわけだから、結構時間がかかる。ますは野菜や、鰹節、カルダモンなどを使ってじっくり出汁をとっていく。
そしていつもより丁寧に玉ねぎを炒めて、出汁と合わせ、カレー粉を合わせ、じっくりじっくり丁寧にカレーを完成させた。

完成したので、満足げに味見をしてみたら、激マズだった。

なんか、変な鰹とカルダモンが混じったような、よくわからない異国の料理みたいな味になってしまった。この時点で、すでに2時間くらい使っていたので、テンションは激下がり。
だがここで、横で見ていた母が名案を思いついた。

「このカレーをちょっと使いながら、市販のルーを追加すれば、リカバリーできるんじゃない!?」

なるほどと思い、ジャワカレーを追加して、味見をする。んー…まだ違う…異国感が強い…もうちょっと追加…そうだバターも追加…まだ違う…異国のカレーが出来上がってから、さらに1時間くらいかけて、試行錯誤をした結果、

ちょっとまずい市販のカレーが出来上がった

しかも、ちょっとまずい市販のカレーを食べようと、ダイニングテーブルについた時には、味見のし過ぎで満腹状態になり、もう味なんか楽しめる状態ではなかった。

俺は休日に何をしてるんだ・・・・テンションだだ下がりである。

しかし、そんな哀しい気分で鍋に残った異国のカレーと、ちょっとまずい市販のカレーを眺めていたら、なぜか、めちゃくちゃ面白く感じてきた。人間ここまで失敗すると、なんかウケてくるのだ。大量のまずいカレーを眺めながら、母と爆笑した。

これはまさに幸せとは喜怒哀楽の調和である、的な出来事だったのではないだろうかと、今振り返って思う。
ちなみに、多分カルダモンを粉で入れてしまい、味が濃く出過ぎたのだと思うので、出汁からカレーを作るときは気をつけてね。

今週の幸せの重心

画像3

早速のアクシデントに見舞われるタナカ一行。テンションが下がりながらも、コテージに向かうが、彼らにさらなる困難が待ち受けていた…

この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
モノづくりに関わる人たちにとって、少しでも役に立つ、有意義なものを。 読者やファンになってくださる方たちにとって、息抜きになるような遊び場を提供します。 みなさまにとって、フラっと立ち寄れて息抜きができるカフェ・BARくらいの立ち位置になれたら嬉しいです。

ヒツジゴヤ

月額980円

ワタベヒツジがマンガ制作の裏側をお見せしながら、みなさまと楽しむための、遊び小屋的な場所。 連載中の「幸せの重心」「おカネの教室」を公開し…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ナイスです
漫画家。コルクインディーズ/ラッキーズ所属。石川善樹さんについてのマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』マンガ版連載準備中。