Whyは後から作れ!(幸せの重心57話)
見出し画像

Whyは後から作れ!(幸せの重心57話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中)
このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。

過去のnoteについて
この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」
前回のお話はこちら→56話「咄嗟のひとこと」
*過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

why,what,how

ヨシキさんはhowの人だ。whyでもwhatでもなくhowの人。

以前も紹介したことがあるのだけど、この動画の中で、ヨシキさんは馬を柵の中に入れるというミッションを与えらるのだが、その中で、「ヨシキさんは“how“の試しっぷりがすごいよね」という話が出てくる。

と言うのも、ヨシキさんはとにかく人参やら鞭やら、道具を使って試しまくって、どんな手を使ってでも馬を柵の中に入れようとする。

whyとかwhatを考えるより先にhowをとにかく試す。そしてさらにヨシキさんの言葉で印象的だった一言が「whyはあとから作れ」と言う言葉。この考え方はヨシキさんを象徴していると思った。

僕はとにかくwhyが気になる性格だ。なぜ漫画家になったのか?と言う問いだって、時々自分に問いかけてみるけど、時期によって答えが変わる。
将来売れっ子漫画家とかになってインタビューを受けたら、それなりにかっこいいwhyを捏造して、語り出すかもしれない…

そんな感じでwhyって結構いい加減なものかもしれない。

だとしたら、「なぜ俺はこれをやってるのか・・・・!?」「意義は・・・・!?」とか深刻になる前に、邪道だろうが、思いつきだろうが、とにかくいろんなhowを試してみるのもありだと思える。そしてそこに後から納得できるwhyを付け足せばいい。

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」という、このマンガのコンセプトも、ひとまずwhyは置いといて、そう言うことなんだと決めて考えてみると、何か幸せのヒントが見えてくるハズ…

今週の幸せの重心

画像3

カバ田からOKが出ないことにイラつくタナカ。
そんなタナカの愚痴をヒントに、閃いたヨシキウサギはある作戦に出る…

この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
モノづくりに関わる人たちにとって、少しでも役に立つ、有意義なものを。 読者やファンになってくださる方たちにとって、息抜きになるような遊び場を提供します。 みなさまにとって、フラっと立ち寄れて息抜きができるカフェ・BARくらいの立ち位置になれたら嬉しいです。

ヒツジゴヤ

月額980円

ワタベヒツジがマンガ制作の裏側をお見せしながら、みなさまと楽しむための、遊び小屋的な場所。 連載中の「幸せの重心」「おカネの教室」を公開し…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ナイスです
漫画家。コルクインディーズ/ラッキーズ所属。石川善樹さんについてのマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』マンガ版連載準備中。