ネガティブが普通?(幸せの重心38話)
見出し画像

ネガティブが普通?(幸せの重心38話)

幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中)
このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。

過去のnoteについて
この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」
前回のお話はこちら→37話「上司にムカついちゃダメ?」
*過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

繰り返される自己否定

幸せの重心に出てくるタナカカメはネガティブだ。そして、ネガティブな自分のこともあんまり好きじゃない。

ネガティブ感情を恐れながらも、囚われている状態だ。
物事をネガティブに捉える癖がある上に、さらにそのネガティブにしか考えられない自分を責め、自己否定を繰り返す。自分だけなんでこんなに悲しい人生なんだと悲劇のヒロインを演じている!!

そんなタナカに朗報がある。最近↓こちらの本を読んでいるのだが

この本にこんなことが書いてある。脳の大原則のうちの1つとして、

画像1

人間は放っておくと、自分に対しても、他人に対しても粗探しをする生き物だそう。
タナカには同じ悩みを持った仲間がいっぱいいるらしい...それだけでもちょっとホッとする。いや、タナカほどひん曲がっていると、「オレの気持ちなんてわかられてたまるかッッ」と跳ねのけそうだが...

だが、ネガティブなことが“普通“なら、そんなにネガティブを毛嫌いする必要もないんじゃないか。しっかりとネガティブ感情の扱い方を知り、ネガティブと共に生きると決めてしまえば、自己否定を繰り返すこともないんじゃ・・・

幸せの重心は「幸せとは喜怒哀楽の調和である」という大きなテーマを掲げている。喜怒哀楽には“怒り“や哀しみ“も入っている。
ヨシキさんはネガティブ感情にも意味や役割があると言う。

タナカがネガティブの意味や役割を知り、ネガティブは幸せな人生に必要なものだと実感できる時がきたら、めちゃめちゃ生きやすくなるだろう...

今週の幸せの重心

「本当に張り替えたいフィルム」

画像4

慎重にスマホの保護フィルムを貼り替えるタナカカメにヨシキの邪魔が入る。それをきっかけに、タナカは本当に張り替えたかった“あるもの“に気づく・・・

この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
モノづくりに関わる人たちにとって、少しでも役に立つ、有意義なものを。 読者やファンになってくださる方たちにとって、息抜きになるような遊び場を提供します。 みなさまにとって、フラっと立ち寄れて息抜きができるカフェ・BARくらいの立ち位置になれたら嬉しいです。

ヒツジゴヤ

月額980円

ワタベヒツジがマンガ制作の裏側をお見せしながら、みなさまと楽しむための、遊び小屋的な場所。 連載中の「幸せの重心」「おカネの教室」を公開し…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ナイスです
漫画家。コルクインディーズ/ラッキーズ所属。石川善樹さんについてのマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』マンガ版連載準備中。