どんなに滑稽に見えても(幸せの重心66話)
見出し画像

どんなに滑稽に見えても(幸せの重心66話)

ワタベヒツジ

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんワタベヒツジのtwitterアカウントで連載中)
このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。

過去のnoteについて
この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」
前回のお話はこちら→65話「会費の上限」
*過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

そして!!!!↓こちら、電子書籍出ました!!🎉㊗️🎉
まとめて読むとまた読み味変わるので、ぜひ!!!

ヨシキは何に怒る?

ヨシキさんをキャラクターにするにあたって、「ヨシキさんは何に怒るのか?」ということについて考えたことがあった。
僕はヨシキさんに直接聞くのもなんか面白くないなと思い、怒りポイントを一発で当てて驚かせてやろう!と思い、色々考えた。

ヨシキさんは自由で行動が拡散的な人だから、自由を制限されたりコントロールされたりする時かな…とか。
自己紹介で「まだ何者でもなく、その予定もない」っ書いてるから、何か肩書きとかを他人に決めつけられた時かな…とか。

そして、満を持して、ヨシキさんに僕の思うヨシキ‘s怒りポイントをぶつけてみたところ…

「う〜ん、それは怒らないですね」

外れた。じゃあどんなところで怒るんすか?!と、答え合わせをしたところ…

即答で「一生懸命頑張っている人が笑われてる時です」

なんだこの人、聖人か!?!?
正直この時は、疑いの目でヨシキさんのことを見つめた。綺麗事だろ!!

だが、いいこと言ってスゴイ人だと思われちゃお♪みたいな雰囲気は感じない。俺は性格が悪いので、そう言う類の、自意識にはすこぶる敏感だが、まるで感じない。
なんだか、すごく器の小さい怒りポイントを想定していた、疑いの目をかけた自分が恥ずかしい。
そもそも自分のために怒ると言う発想じゃなかった。恥ずかしい。

のちに詳しく聞くと。

僕の人生を変えた言葉があって。

「どれほど滑稽にみえても、一生懸命やっている人を、馬鹿にしてはいけない」

何かを信じて本気で頑張っている人って、時に周りから見ると、滑稽に見えることも多い。そして実際にそんな姿を馬鹿にする人も多い(自分は何も信じず、何も頑張ってないのに)。
評価をする側に回るのではなく、天皇陛下のように愛する側に回ろうではないかと。
たとえば、天皇陛下の立場に立つと、どんなに駄作のマンガを描いてたとしても「国民が頑張っている!!」と感動すると思うんですよね。そこには評価ではなく、愛がある。

ヨシキさんは30の時のこの言葉に出会ったらしいのだけど、この言葉は、僕の人生も変えてくれそうな予感がする。

今週の幸せの重心

画像3

アイドルをバカにする酔っ払いサラリーマン。
そんな光景をみたヨシキがある行動に…?

この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
モノづくりに関わる人たちにとって、少しでも役に立つ、有意義なものを。 読者やファンになってくださる方たちにとって、息抜きになるような遊び場を提供します。 みなさまにとって、フラっと立ち寄れて息抜きができるカフェ・BARくらいの立ち位置になれたら嬉しいです。

ヒツジゴヤ

980円/月 初月無料

ワタベヒツジがマンガ制作の裏側をお見せしながら、みなさまと楽しむための、遊び小屋的な場所。 連載中の「幸せの重心」「おカネの教室」を公開し…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
え..イイの...??
ワタベヒツジ
漫画家。コルクインディーズ/ラッキーズ所属。石川善樹さんについてのマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』マンガ版連載準備中。