赤いピルと青いピル(幸せの重心35話)
見出し画像

赤いピルと青いピル(幸せの重心35話)

幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中)
このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。

過去のnoteについて
この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」
前回のお話はこちら→34話「なんのための貯金?」
*過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます

自分の感情がわかってない?

僕は編集者さんによく、「ワタベくんはさぁ、自分の感情が、分かってないよね」と言われる。
「いや、分かってるし...」と心の中でずっとしっくりきてなかったのだが、「自分の行動の意図が分かってない」と解釈し直してみたらなんかしっくりきた。

例えば、ネームを編集者さんにみてもらう時に自分でも気づかない(気付きたくない)ところに、裏の意図が隠れてたりする。
「面白いマンガを描く」というのが目的なハズなのに、「直しを最小限に、楽してネームを終わらせたい」という姑息な意図が顔を出す。そうすると、自分で気づける問題も気づけなくなるのだ...

売り上げ3000万部!アニメ化決定!みたいな日本を代表する大ヒットマンガ描く
!!!!!と一大決心をして、マンガ家になったハズなのだが。(この一大決心の意図も怪しいものだ...)


人は常に、何かしらの意図を持って行動している。

怒ることで「相手を思い通りに動かしたい」、泣くことで「相手に可哀想だと同情してもらいたい」、優しくすることで「相手に好かれたい」・・・
少しイジワルな見方だけど、裏の意図を意識するとその人の本質が見えたりする。
タナカカメは、よく、自分を卑下することでフォローしてもらおうとしたり、自分を責めて悲しみに浸ることで行動しない理由を作ったりする。

「自分の裏の意図」と向き合うと「自分がどう生きたいか?」と向き合うことになるのかも。
自分で気づきたくないような裏の意図でも、無意識的にその行動を選んでるのは自分なワケだし。

ここまで書いて、なぜか、映画「マトリックス」で主人公のネオが、モーフィアスに赤いピルと青いピルを選ばされるシーンを思い出した。
ネオは、「作られたプログラムの中で生きるのか?(青)」「世界の真実を知りたいのか?(赤)」選ばされる。

画像1

つまり、真実と対峙する勇気はあるか?と問われる。

なんか壮大な問いになってしまったがつまり、こういうことだ!

「自分の意図に気づかないフリをして、楽して締め切りを守りたいのか?(青)」それとも「自分の姑息な意図と対峙して、最高に面白いマンガを描きたいのか?(赤)」

ネームを出すたびに、モーフィアスのピルを思い出し、赤いピルを選びたいと思ったのだった...

今週の幸せの重心

「本当に伝えたいこと」

画像4

ヨシキウサギは、奥さん方届いた不可解なメッセージの意味をタナカカメから教わる。タナカには、奥さんの気持ちがよく分かるようだ...

この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
モノづくりに関わる人たちにとって、少しでも役に立つ、有意義なものを。 読者やファンになってくださる方たちにとって、息抜きになるような遊び場を提供します。 みなさまにとって、フラっと立ち寄れて息抜きができるカフェ・BARくらいの立ち位置になれたら嬉しいです。

ヒツジゴヤ

月額980円

ワタベヒツジがマンガ制作の裏側をお見せしながら、みなさまと楽しむための、遊び小屋的な場所。 連載中の「幸せの重心」「おカネの教室」を公開し…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ナイスです
漫画家。コルクインディーズ/ラッキーズ所属。石川善樹さんについてのマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』マンガ版連載準備中。