ワタベヒツジ
足りない現実(幸せの重心88話)
見出し画像

足りない現実(幸せの重心88話)

ワタベヒツジ

このnoteでは「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」が読めます。あとマンガの内容に関係があるような、ないような文章をマンガのお供として書いてます。日々感じていることをなるべくそのまま吐き出すようにしています。

頭の中のお坊さん

「足るを知る」という言葉がある。
ネットで意味を調べると「身分相応に満足することを知る。足る事を知る。」などと描いてある。

僕はかなり足るを知らない男だと自分で思っている。別に自分を卑下したいわけでは無く、足るを知っているか?と自分に問うと、知ってない気がする。

僕は、ちょっと不便なことがあったり都合の悪いことがあるだけですぐ不満が頭に浮かんでしまう。
「電車が遅延した」「暑い」「パスタの麺が硬い」「天気が悪い」「仕事がうまくいかない」
不満を持ったあとに振り返って、まず移動手段があることに感謝しろ。不自由なく食べれることなく感謝しろ。仕事をいただけていることに感謝しろ。そもそも衣食住に困っていないことに感謝しろ…と頭の中のお坊さんがツッコミを入れる。

「ぬか喜び」という言葉がある。
ネットで調べると、あてがはずれて、あとでがっくりするような一時的な喜び。小糠祝い。と出てくる。

例えば宝くじを買って、お母さんから「アナタの買った宝くじの番号、あったわよ!!!!」と連絡が来て、1億円を手にいれた!!!と思い大喜びするとする。
しかしのちにお母さんの確認ミスだったことが判明したらかなりがっくりくると思う。ぬか喜びだ。
それに加えて「なに間違えてくれてんだよ!」という気持ちも起こるかもしれない。
これも足るを知らないが故の感情だと思う。そもそもほんの数百円数千円の投資で1億円を手に入れられる機会を与えられてることに感謝をするべきだ。

足るを知るのは難しい。頭ではわかっていてもどうしても現実は足りなく感じてしまう。

3ヶ月に一回くらい頭の中のお坊さんが「足るを知るのじゃ」と説教をしてきて、「足るを知ろう…全てに感謝…」みたいな気持ちになるのだけど、嫌なことがあるとすぐに平常運転。

60歳くらいまでには足るを知りたい。

今週の幸せの重心

ぬか喜びしたヨシキをバカにするタナカにオク田がぐさっと刺さる一言を放つ…

読んでくれてありがとうございます。

月980円の「ヒツジゴヤ」を購読していただけると、下の有料部分にて「幸せの重心」(twitterアカウントで連載中)を一週間早く読むことができます。

過去の幸せの重心について
この物語のスタート地点はこちら→0話
前回のお話はこちら→87話「返信」
*過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
毎週1本、できれば2本記事(目標)を公開していこうと思います。記事の内容は色々と変わっていくと思いますが、日々マンガを描いてい感じる率直なことをなるべくそのまま吐き出すようにしています。作品はもちろん、作品の外側(創作の過程など)を公開して、マンガをより深く楽しんでいただける場にしていければと思っています。

ヒツジゴヤ

980円/月 初月無料

ワタベヒツジを応援したい!という人が読むマガジンです。NETFLIXと肩を並べる強気な値段設定の理由は「みんなに応援されながらnoteの収…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ナイスです
ワタベヒツジ
漫画家。昔話"ウサギとカメ"を再解釈したマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』連載中。