見出し画像

幸せの重心7話

石川善樹さんが考える「良く生きるとは何か?」をお伝えするべく始まった連載「幸せの重心」。
このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れた善樹さんの考えを少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。

過去のnote↓
1話「東京の夜空にある奇跡」🐇
2話「”後悔”とうまく付き合う方法」🐢
3話「幸せになる仕事の終え方」🐇
4話「感情に脳をハイジャックされない方法」🐢
5話「日本で1番の県名」🐇
6話「時代に参加するか、歴史に参加するか」🐇

あなたの峠はなんですか?

今回の幸せの重心は「夢」「峠」について。

「峠」という字は漢字ではなく、日本人が作った国字だそうです。
善樹さんはこの「峠」という発想からこんなことを学んだそう。

峠っていい発想だなーと。
山のてっぺんを頂(いただき)ではなく、峠という発想をした。
山を登ればまた下るんだと。
そして峠に立てば次の峠が見えてくる。

そして善樹さんは、この「峠」という考え方を人生に例えて、

あなたの夢はなんですか?よりもあなたの峠はなんですか?
の方がとりあえずあの峠目指してみるかという感覚になっていいなーと。

なるほど…!
この話を聞いたとき、僕は自分の中にずーっとあった違和感が言葉になったような感覚になりました。

今までの人生を振り返ってみると僕の周りでは「夢」を持つことは素晴らしいことで、その夢に向けて一直線に頑張ることはすごく良いこととされていた。
(ちなみに漫画家っていうと、夢に向かって一直線で走ってると思われやすい…笑)

しかし、人生ってそんなに思い通りにいかない…。

人生で起こる出来事って常に予測不可能だし、今やってることが何に繋がるのかも正直見通しなんてつかないし、生活のためにやらなきゃいけないことだってたくさんある。全てが、夢のために動けてるかと自問したら「分からない」が正直なところ…

スティーブ・ジョブズも「現在の点と未来の点の繋がりは予測できない」って言ってるし(スタンフォード大学のスピーチの「Connecting tne dots」の話)

なのに、今自分がやってることが将来につながるかなァ・・・・・という解けるはずのない謎によって、良く分からない焦り不安を抱えていたことに気づいたのです。

もうちょっと気軽な気持ちで「峠」を上ってまた下って、また違う「峠」を目指す人生だと思えば、目の前の出来事の見え方も少しずつ変わってくる気がしてくる。
実際、僕はマンガ家とは別に美術予備校の講師もやっているのですが、一見マンガとは関係がないけど、他の仕事に繋がったり、振り返ってみるとマンガを作ることとの共通点が見つかったり、発見が多くて楽しくなってきたし🧔🏻

今週の幸せの重心

カメのタナカは来たる「カメの甲羅カバー・デザインコンペ」を前に、参加するかどうかを躊躇していた。

画像5

画像6

いつものタナカであれば見逃すところだが、ヨシキウサギと「峠」の話をしたこともあり、コンペに参加することに。そしてこの行動が、タナカの予測とはちょっと違った方向に転がるのだった…

この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
モノづくりに関わる人たちにとって、少しでも役に立つ、有意義なものを。 読者やファンになってくださる方たちにとって、息抜きになるような遊び場を提供します。 みなさまにとって、フラっと立ち寄れて息抜きができるカフェ・BARくらいの立ち位置になれたら嬉しいです。

ヒツジゴヤ

月額980円

ワタベヒツジがマンガ制作の裏側をお見せしながら、みなさまと楽しむための、遊び小屋的な場所。 連載中の「カメとウサギ」、連載予定の「おカネの…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
漫画家。コルクインディーズ/ラッキーズ所属。石川善樹さんについてのマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』マンガ版連載準備中。

こちらでもピックアップされています

ヒツジゴヤ
ヒツジゴヤ
  • ¥980 / 月
  • 初月無料

ワタベヒツジがマンガ制作の裏側をお見せしながら、みなさまと楽しむための、遊び小屋的な場所。 連載中の「カメとウサギ」、連載予定の「おカネの教室」ができるまでの制作過程を公開していきます。 有料部分では、石川善樹さんのことをマンガ化した連載マンガ「カメとウサギ」を先読みできます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。