ワタベヒツジ

漫画家。昔話"ウサギとカメ"を再解釈したマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』連載中。

ワタベヒツジ

漫画家。昔話"ウサギとカメ"を再解釈したマンガ「幸せの重心」連載中。『おカネの教室』連載中。

    マガジン

    • ヒツジゴヤ

      ワタベヒツジを応援したい!という人が読むマガジンです。NETFLIXと肩を並べる強気な値段設定の理由は「みんなに応援されながらnoteの収入で生活をして、創作を続けたい」という僕の願望の表れです。今のところはマンガ制作にまつわる話/マンガの先行公開/作品の制作過程/日記などを公開しようと思っています。 現在は連載中の「幸せの重心」を公開しています。

    • 漫画版「おカネの教室」ができるまで

      • 3本

      「宇宙兄弟」「ドラゴン桜2」のコルクとタッグを組んで動き出した「おカネの教室」の漫画化プロジェクト。偶然と必然が生んだ電撃的な漫画化決定のエピソードから、悪戦苦闘のネーム作り、新しいコンテンツ発信のあり方の模索まで、内幕をさらけ出します!果たして本当に連載はスタートできるのか?原作・脚本の高井浩章と漫画家ワタベヒツジの共同マガジンです。

    記事一覧

    ひっくり返る視点(幸せの重心44話)

    「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マ…

    3

    ユニクロを着続ける理由(幸せの重心43話)

    「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マ…

    7

    社会のダニだった男(おカネの教室5話)

    前回のお話→4話「バイシュンフは"ぬすむ"仕事?」 1話はこちら 過去のお話はマガジン「ヒツジゴヤ」で読めます そろばんクラブは、カイシュウの前職である「銀行家」につ…

    78

    天敵現る(幸せの重心42話)

    「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マ…

    4

    卑屈を描き切る(幸せの重心41話)

    「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マ…

    3

    「バイシュンフは"ぬすむ"仕事?」(おカネの教室4話)

    前回のお話→3話「“かせぐ“と“ぬすむ“はどこが違う?」 過去のお話はマガジン「ヒツジゴヤ」で読めます 「バイシュンフ」が世の中の役に立つか?について議論をする、…

    36
    ひっくり返る視点(幸せの重心44話)

    ひっくり返る視点(幸せの重心44話)

    「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中)
    このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。

    過去のnoteについて
    この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」
    前回のお話はこちら→43話「誰もが知ってるもの

    もっとみる
    ユニクロを着続ける理由(幸せの重心43話)

    ユニクロを着続ける理由(幸せの重心43話)

    「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中)
    このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。

    過去のnoteについて
    この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」
    前回のお話はこちら→42話「先輩たるもの」

    もっとみる
    社会のダニだった男(おカネの教室5話)

    社会のダニだった男(おカネの教室5話)

    前回のお話→4話「バイシュンフは"ぬすむ"仕事?」
    1話はこちら
    過去のお話はマガジン「ヒツジゴヤ」で読めます

    そろばんクラブは、カイシュウの前職である「銀行家」についての議論を進めていく。
    そしてカイシュウは自分の“最低な過去“を振り返りながら、おカネが人間に及ぼす負の側面について語る。ビャッコにとってその話は他人事ではないようだ…

    次回のおカネの教室「カイシュウから500円を借りる」。

    もっとみる
    天敵現る(幸せの重心42話)

    天敵現る(幸せの重心42話)

    「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中)
    このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。

    過去のnoteについて
    この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」
    前回のお話はこちら→41話「思わぬ向上心」

    もっとみる
    卑屈を描き切る(幸せの重心41話)

    卑屈を描き切る(幸せの重心41話)

    「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さんのtwitterアカウントで連載中)
    このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。

    過去のnoteについて
    この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」
    前回のお話はこちら→40話「跳ね返ってくるイラ

    もっとみる
    「バイシュンフは"ぬすむ"仕事?」(おカネの教室4話)

    「バイシュンフは"ぬすむ"仕事?」(おカネの教室4話)

    前回のお話→3話「“かせぐ“と“ぬすむ“はどこが違う?」
    過去のお話はマガジン「ヒツジゴヤ」で読めます

    「バイシュンフ」が世の中の役に立つか?について議論をする、そろばんクラブ。
    議論が進むにつれてビャッコは、父の仕事と「バイシュンフ」の意外な共通点に気づくのだった…

    次回のおカネの教室社会から「ぬすむ」とは一体どんな行為なのか!?カイシュウは自分の“最低な過去“を振り返りながら、おカネが人間

    もっとみる